第5回岩手県Kenji Cup高校生英語ディベート大会

第5回岩手県Kenji Cup高校生英語ディベート大会で審判してきました!

11月1日に日帰りで花巻まで行き、第5回岩手県Kenji Cup高校生英語ディベート大会(全国大会の岩手県予選)で審判長を務めてきました。会場の岩手県総合教育センターの庭の木々が綺麗に色づいておりました。

毎年参加校が増えており、今年は11校20チームが出場。県大会の出場校が11校を超えると2校が全国大会に進めることになっているので、11校出場したということは岩手県としては画期的なことです。

論題は全国大会と同じく、Japan should significantly relax its immigration policies.

決勝は肯定側が一関一高Bチーム、否定側が盛岡第一Aチーム。素晴らしい試合できたが、一関一高が3−0で勝利。5大会連続の優勝を飾りました。この2校が全国大会(12/16-17@東京国際大学)に出場します。両校の活躍を祈ります。

関連記事

  1. インターンシップ総まとめ:香港大学の学生はやはり優秀でした。

  2. 「企業がグローバル化するために必要な人材育成戦略〜英語力育成の観点から…

  3. 《松本 茂の「ロジカルスピーキング講座」ってなんなの?〔第2回〕「論理…

  4. 【使ってみたい英会話表現 6】

  5. 英語を使いながら学べる施設: Tokyo Global Gateway…

  6. 〈小学生も学んでいるロジカルライティング!〉

  7. 「医療関係会議の一般委員養成講座」(COML)ディベート体験

  8. 【使ってみたい英会話表現 9】

PAGE TOP