高校生の活動を活発化するための《ディベート活動》

8月10日(木曜日)は、競技ディベートではなく、奉仕活動を行っている高校生のみなさんに、ディベートについて講演させてもらいました。


第51回国際ロータリークラブ第2570地区インターアクトクラブ年次大会(会場:和光市民文化センター)において日本語ディベートについてレクチャー。

参加したのは大妻嵐山中学高校、狭山ヶ丘高校、正智深谷高校、西武文理高校、星野高校、細田学園高校、県立和光国際高校(当番校)の生徒たち約100名、引率の先生13名、ロータリアン17名。

最初は、ロータリークラブの格式高い儀式と数々の挨拶、祝辞に萎縮したのか、生徒たちは少しおとなしい感じでしたが、徐々に元気なりました。

私の講演後にディベートの準備をして、午後は「ボランティア活動の単位化」について実際にディベートを体験。

このように、競技ディベート志向ではない高校生にディベートを広めることはとても重要だと思います。

関連記事

  1. 「最近の学生さんってどんな感じなんですか?」とよく質問されます。

  2. サラ・オレインさんと『おとなの基礎英語シーズン6』CDブック吹き込みを…

  3. インターンシップ総まとめ:香港大学の学生はやはり優秀でした。

  4. 第8回TEAP連絡協議会のパネルディスカッション「2020年度大学入学…

  5. 〈ディベートがグローバルビジネスパーソンに役立つ!その1〉企業研修無料…

  6. 松本茂

    【8/6に名古屋で講演。一般の方も無料で聴講できます!】

  7. 神楽坂でのビジネスディナー

  8. 【しごとで使える英会話5】「私は◯◯な人です」ってなんて言う?

PAGE TOP