雹(ひょう)が降ったー。うヒョウ…

昨日、ニュースでも報道されたように立教大学がある豊島区に雹(←自分では書けない漢字)が降りました。

私はちょうど授業が終わって、NHKへ移動しようとしていたところでした。30分間足止めをくらいましたが、濡れることはありませんでした。

こういう緊急事態が起こると、携帯電話やSNSで人とすぐに繋がることへのありがたみが湧きますね。
以下、ドキュメンタータッチでご報告まで。

15:00 授業が終わって、一旦校舎の外へ出るとものすごい雷が鳴り出す。近所に落ちている様子。
15:05 雨が降り出したので、校舎の中に避難。
15:07 雨がだんだん強くなり、まさにバケツをひっくり返したような降り方に。あまり経験したことがないようなすごい降り。
15:10 強風が吹き出し、そのうちダウンバーストが起きて、プラタスの大きな枝などが折れて地面に叩きつけられる。
15:15 直径1 – 3 cmくらいの雹が降りだす。
15:25 雨風が止み、雲の隙間がら太陽が出る。地面は木の葉だらけに。

降った雹。

折れ落ちた枝。

関連記事

  1. 〈ディベートがグローバルビジネスパーソンに役立つ!その2〉企業研修無料…

  2. 豆大福のお土産に見る《コミュニケーション上手》の条件

  3. コリアさん、ありがとうございました! We’ll keep…

  4. 「企業がグローバル化するために必要な人材育成戦略〜英語力育成の観点から…

  5. 【使ってみたい英会話表現 13】

  6. 第5回岩手県Kenji Cup高校生英語ディベート大会

  7. 松本茂

    《松本 茂のできる大人の英語塾 vol.1》英語学習は食事と同じ?

  8. 第8回TEAP連絡協議会のパネルディスカッション「2020年度大学入学…

PAGE TOP