【使ってみたい英会話表現 29】英語で「話をきちんと理解させて」ってなんて言う?

Hello, everyone! 松本 茂です。

 

第29回目の「使ってみたい英会話表現」です。

 

今日ご紹介するのは,相手の言っていることを自分がきちんと理解しているかを確認する表現です。

 

Let me get this straight.

「話を確認させて」

 

もともとstraightという形容詞には,「きちんとした」「正確な」という意味があるので,get ~ straightで,「〜を正確に理解する」「〜を整理する」という意味になります。

 

ここでは,Let meを伴って使うことで,「私にあなたの話をきちんと理解させて」という意味になります。

 

相手が言っていることに混乱していたり,理解を超えた発言だと感じたりしたときに使うことが多いです。

 

A: Look at this ring! He proposed me last night!

 この指輪,見て!彼が昨晩プロポーズしてくれたの!

B: I know. I helped him pick the ring!

 知ってるよ。指輪を選ぶのを手伝ったからね!

A: Let me get this straight. You knew it all along?

 ちょっと整理させて。あなたはこのことをずっと知ってたの?

 

立場や状況をはっきり相手に伝えたいときにも使うことができます。

 

A: Let me get this straight. I’m your father, and I know exactly what you need.

 はっきりさせておこう。私は君の父親で,君に今何が必要かをわかっているんだ。

B: No, you don’t know anything, Dad!

 そんなことない。お父さんは何もわかってないよ!

 

ぜひ使ってみてくださいね。

 

Have a great day!

Shigeru 🙂

関連記事

  1. 【使ってみたい英会話表現 21】英語で「ご面倒でなければ・・・」ってな…

  2. 高校生でもここまでディベートができるようになったのか!

  3. 《医療関係会議の一般委員養成講座》でも「日本語ディベート」が必要とされ…

  4. 〈ディベートがグローバルビジネスパーソンに役立つ!その1〉企業研修無料…

  5. 【しごとで使える英会話11】「最終目的は○○です」ってなんて言う?

  6. 《30分聞くだけでわかる!》松本茂の英語教育、ロジカルスピーキング教育…

  7. がんナビに掲載:COMLディベート訓練

  8. 松本茂

    日経出世ナビ「松本茂の英語コミュニケーション塾」❶〜❹

松本 茂 (まつもと しげる)

 

東京国際大学 言語コミュニケーション学部教授

立教大学経営学部 名誉教授

 

@Shig0813
@Matsumotoshigeru8

 

マサチューセッツ大学ディベートコーチ、神田外語大学助教授、東海大学・立教大学教授などを経て、20021年より東京国際大学言語コミュニケーション学部教授、立教大学名誉教授。

著書

  1. 本と珈琲
  2. 英会話 本
  3. 本 macbook
  4. 単行本
  5. 大人の基礎英語

松本 茂とつながる


最近の記事

  1. 松本茂
PAGE TOP