【使ってみたい英会話表現 24】英語で「お断りだね!」ってなんて言う?

Hello, everyone!  松本 茂です。

 

第24回目の「使ってみたい英会話表現」です。

 

今日は、「絶対ムリ」「あり得ない」ときっぱりと拒絶したり断ったりする表現です。

 

Not a chance!

「お断りだね!」

 

ご存知のとおり、chanceは「チャンス」「機会」「可能性」「確率」などの意味を表す名詞です。

ここでは、まったく可能性がない、つまり「あり得ない」ということを伝えるフレーズです。

 

A: Mom, I want a Nintendo Switch for my birthday.

 ママ、誕生日に任天堂スイッチが欲しいんだけど。

B: Not a chance! I told you, no video games in this house.

 絶対ダメよ!言ったでしょ、うちはビデオゲーム禁止なの。

 

A: Do you think you can help me with my homework? I don’t think I can finish it by tomorrow.

 宿題、手伝ってもらえるかな。明日までに終わらなそうなんだ……。

B: No, not a chance. You should have done it sooner.

 だめ、お断りよ。もっと早くやっておけばよかったでしょ。

 

このように、はっきりとNoを伝えたいときに便利な表現です。

かなりきっぱりと断る表現ですから、使う相手や状況には注意しましょう。

 

Have a great day!

Shigeru 🙂

関連記事

  1. 【使ってみたい英会話表現 20】英語で「絶対に行くよ」ってなんて言う?…

  2. スーパーグローバルハイスクールの生徒たちは素晴らしかった!

  3. 【しごとで使える英会話8】「○○は○○で作られています」ってなんて言う…

  4. 【使ってみたい英会話表現 13】

  5. コリアさん、ありがとうございました! We’ll keep…

  6. 産学連携のCSVビジネスコンテストが開催され、小生のゼミ生たちも頑張り…

  7. サラさんたちと「おとなの基礎英語」の打ち上げ

  8. 【使ってみたい英会話表現 8】

PAGE TOP