【使ってみたい英会話表現 20】英語で「絶対に行くよ」ってなんて言う?

Hello, everyone!  松本 茂です。

 

 

第20回目の「使ってみたい英会話表現」です。

 

今日は、大事なイベントなどに「絶対に行くよ」と伝えるときに使える気の利いたフレーズを紹介します。

 

I wouldn’t miss it for the world!

「絶対に行くよ!」

 

ここで使われているmissは、何かを「逃す」「しそこなう」という意味です。

for the worldは、「世界を引き換えに」という意味です。

 

won’tではなくwouldn’tを使っているのは、「もし世界を引き換えにしても」という仮定のニュアンスがあるからです。

 

ですから、「例え世界を引き換えにしたって(それを)逃さないよ」→「何があっても必ず行くよ」という意味になります。

 

たとえばこんなふうに使います。

 

A: I know you are super busy, but would you come to my wedding?

すごく忙しいのはわかっているんだけど、私の結婚式、来てもらえるかな?

B: I wouldn’t’ miss it for the world! You are like a sister to me.

何があっても絶対に行くよ!あなたは私にとって妹同然なんだから。

 

結婚式、卒業式、授賞式、コンサートなど、見逃したくないイベントに誘われた時などにぜひ使ってみてくださいね。

 

Have a great day!

Shigeru 🙂

関連記事

  1. 《30分聞くだけでわかる!》松本茂の英語教育、ロジカルスピーキング教育…

  2. サラ・オレインさんと『おとなの基礎英語シーズン6』CDブック吹き込みを…

  3. 松本茂 ディベート

    【使ってみたい英会話表現 1】

  4. 第5回岩手県Kenji Cup高校生英語ディベート大会

  5. 《医療関係会議の一般委員養成講座》でも「日本語ディベート」が必要とされ…

  6. コリアさん、ありがとうございました! We’ll keep…

  7. 【使ってみたい英会話表現 8】

  8. 会議 グローバル

    企業の方々に《大学の教育力》をもっと信用して欲しい!:「ビジネス教育と…

松本 茂 (まつもと しげる)

 

東京国際大学 言語コミュニケーション学部教授

立教大学経営学部 名誉教授

 

@Shig0813
@Matsumotoshigeru8

 

マサチューセッツ大学ディベートコーチ、神田外語大学助教授、東海大学・立教大学教授などを経て、20021年より東京国際大学言語コミュニケーション学部教授、立教大学名誉教授。

著書

  1. 英会話 本
  2. 本 macbook

最近の記事

  1. 松本茂
PAGE TOP