〈小学生も学んでいるディベート!〉

おはようございます! 松本 茂です。

ディベートが私の小学5年生の息子の教科書で取り上げられているのを見つけてうれしくなりましたので,みなさんにシェアしたいと思います。

学校図書株式会社という出版社から発行されている国語の教科書のなかで,「より良い考え方はどっち?」という,賛成側反対側に立場を決めて討論する活動が紹介されています。

ここでは「学校の昼食はお弁当にしたほうがよいかどうか」という論題が例として取り上げられており,準備の仕方や議論の進め方など,子どもにもわかりやすく書かれています。

このような簡単な論題でもいいので,賛成・反対両方の立場で考え,それぞれの主張とその理由を述べられるようにすることはとても大切です。こういった力は,会議やプレゼンなどで自分の意見を論理立てて説明する際に役立つはずです。

また,ディベートの準備をする過程でたくさんの文献や記事を読み,〈大量の情報を取捨選択〉していきますので,リサーチ力がつくことも大きなメリットです。

残念ながら,活発に議論をする訓練を受けた方は,今のおとな世代には少ないように思います。しかし今からでも遅くはありません。ぜひこの機会にディベートを学んでみてください!

私が行ったディベート入門の解説はこちらでご覧になれます。参考になさってみてくださいね。

Have a great day!

Shigeru ☺

 

最新のセミナー情報はこちらからご覧ください。

直近のセミナーはこちら

4/14(土)【午前:英語入門 午後:英語初級】松本茂の論理的思考力の基礎が身につく英語ロジカルスピーキング講座

松本茂 Official Facebookページはこちら

株式会社そうだね Official Facebookページはこちら

関連記事

  1. 全国大会レベルのヘラブナ釣りの大会で決勝進出を果たすも…

  2. 《医療関係会議の一般委員養成講座》でも「日本語ディベート」が必要とされ…

  3. 第5回岩手県Kenji Cup高校生英語ディベート大会

  4. 【しごとで使える英会話 2】「弊社は○○です」ってなんて言う?

  5. 【使ってみたい英会話表現 27】英語で「ゼロから作りました」ってなんて…

  6. 〈省エネ英語がグローバルビジネスパーソンに役立つ!〉企業研修無料体験セ…

  7. 【使ってみたい英会話表現 30】英語で「ここからは私が引き受けるよ」っ…

  8. 大学入試、4技能を評価へ:地方紙にコメントが載りました。

PAGE TOP