高校生でもここまでディベートができるようになったのか!

8月7日(月曜日)は、午前中に会議があった文科省から立教大学へ急いで移動。

午後は、立教大学で土曜日から開催されていた第22回全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)の高校・決勝で審判をさせてもらいました。

高校決勝戦は、肯定側:筑波大学附属駒場高等学校、否定側:慶應義塾高等学校の関東勢同士の試合。

論題は、「日本は企業に対する正社員の解雇規制を緩和すべきである。是か非か」
この難しい論題を高校生たちが半年近くにわたりリサーチして、その成果をもとに論を展開しました。とても内容の濃いディベートで、私自身も勉強になりました。

決勝審判団は5名。結果は、3−2で否定側の慶應義塾高等学校が勝って初優勝。最優秀ディベーター賞は石井和仁くん(慶應義塾高等学校2年生)が獲得しました。おめでとうございます!

主審を務めた久保健治さん、「相手の話を正確に理解することが重要」「ディベートを通して創造的な議論をする力がついたことと思います」「ディベート甲子園は未来を創っているのです」「ディベートで培った力を様々なところで活用してください」とコメント。

今大会から設けられた「立教大学総長賞」は初出場ながら第3位に入った桜蔭高等学校に授与されました(プレゼンターは、吉岡知哉総長)。

論題の解説などは、下記のサイトから。
http://nade.jp/koshien/2017/

関連記事

  1. 第8回TEAP連絡協議会のパネルディスカッション「2020年度大学入学…

  2. 【使ってみたい英会話表現 10】

  3. 松本茂

    〈ディベートってなに?〉

  4. 「がんナビ」サイト記事

  5. 「おとなの基礎英語」別売CD出演者は冗談好き。

  6. 12月2日(土)今やり直す!おとなの英語学習 〜発想と方法〜

  7. 茨城県は英語教育先進県。高校の英語の先生方は夏も《英語ディベート》を勉…

  8. 宮崎日日新聞2017年11月6日朝刊 客論

松本 茂 (まつもと しげる)


 
 立教大学経営学部 国際経営学科教授

 
@wakatakeclub
@Matsumotoshigeru8
 
マサチューセッツ大学ディベートコーチ、神田外語大学助教授、東海大学教授などを経て、2006年より立教大学経営学部国際経営学科教授、同学科バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム(BBL)主査。2014年より立教大学グローバル教育センター長を兼務。
 
主な社会活動
 
NHKテレビ「おとなの基礎英語」講師を6シーズン担当、日本ディベート協会事務局長、一般社団法人全国高校英語ディベート連盟副理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟理事、公益財団法人ぐんま赤尾奨学財団理事、一般財団法人英語教育協議会評議員など。
 
このほか、文部科学省、中央教育審議会、東京都教育庁などの各種委員会の委員も務めている。

著書

  1. 本と珈琲
  2. 英会話 本
  3. 本 macbook
  4. 単行本
  5. 大人の基礎英語

松本 茂とつながる


最近の記事

PAGE TOP