【使ってみたい英会話表現 29】英語で「話をきちんと理解させて」ってなんて言う?

Hello, everyone! 松本 茂です。

 

第29回目の「使ってみたい英会話表現」です。

 

今日ご紹介するのは,相手の言っていることを自分がきちんと理解しているかを確認する表現です。

 

Let me get this straight.

「話を確認させて」

 

もともとstraightという形容詞には,「きちんとした」「正確な」という意味があるので,get ~ straightで,「〜を正確に理解する」「〜を整理する」という意味になります。

 

ここでは,Let meを伴って使うことで,「私にあなたの話をきちんと理解させて」という意味になります。

 

相手が言っていることに混乱していたり,理解を超えた発言だと感じたりしたときに使うことが多いです。

 

A: Look at this ring! He proposed me last night!

 この指輪,見て!彼が昨晩プロポーズしてくれたの!

B: I know. I helped him pick the ring!

 知ってるよ。指輪を選ぶのを手伝ったからね!

A: Let me get this straight. You knew it all along?

 ちょっと整理させて。あなたはこのことをずっと知ってたの?

 

立場や状況をはっきり相手に伝えたいときにも使うことができます。

 

A: Let me get this straight. I’m your father, and I know exactly what you need.

 はっきりさせておこう。私は君の父親で,君に今何が必要かをわかっているんだ。

B: No, you don’t know anything, Dad!

 そんなことない。お父さんは何もわかってないよ!

 

ぜひ使ってみてくださいね。

 

Have a great day!

Shigeru 🙂

関連記事

  1. 松本茂 ディベート

    【使ってみたい英会話表現 23】英語で「ご一緒できて嬉しかった」ってな…

  2. スーパーグローバルハイスクールの生徒たちは素晴らしかった!

  3. 【しごとで使える英会話10】「より多くの○○を取り込みたい」ってなんて…

  4. 【使ってみたい英会話表現 26】英語で「仕方ないよ」ってなんて言う?

  5. 背中も綺麗な美人2人と野獣? I’ll go on a …

  6. 【使ってみたい英会話表現 9】

  7. 【使ってみたい英会話表現 12】

  8. ディベートの勧め(『宮崎日日新聞』「客論」)

松本 茂 (まつもと しげる)


 
 立教大学経営学部 国際経営学科教授

 
@wakatakeclub
@Matsumotoshigeru8
 
マサチューセッツ大学ディベートコーチ、神田外語大学助教授、東海大学教授などを経て、2006年より立教大学経営学部国際経営学科教授、同学科バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム(BBL)主査。2014年より立教大学グローバル教育センター長を兼務。
 
主な社会活動
 
NHKテレビ「おとなの基礎英語」講師を6シーズン担当、日本ディベート協会事務局長、一般社団法人全国高校英語ディベート連盟副理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟理事、公益財団法人ぐんま赤尾奨学財団理事、一般財団法人英語教育協議会評議員など。
 
このほか、文部科学省、中央教育審議会、東京都教育庁などの各種委員会の委員も務めている。

著書

  1. 本と珈琲
  2. 英会話 本
  3. 本 macbook
  4. 単行本
  5. 大人の基礎英語

松本 茂とつながる


最近の記事

  1. 松本茂
PAGE TOP