【使ってみたい英会話表現 15】疎遠にならないで!

Hello, everyone!  松本 茂です。

 

 

第15回目の「使ってみたい英会話表現」です。

 

今日は、Bye!やSee you.とは違う、おとなの別れの挨拶表現をご紹介します。

 

Don’t be a stranger!

「また会おう!」

 

Don’t be a stranger.が、

なんで「また会おう」という意味になるの?

と思った方もいるかもしれません。

 

strangerは、「見知らぬ人」「他人」という意味の名詞ですから、

Don’t be a stranger.の文字通りの意味は、

「他人にならないで」ということです。

 

そこから発展して、「疎遠にならないで」「また会おうね」「他人行儀はやめて」

という意味を表しています。

 

お世話になったホームステイ先や引っ越しの際の別れの挨拶として、

また久々に再会した人との別れ際などにも使えます。

 

A: Thank you for everything. I had a great time!

お世話になりました。とても楽しかったです!

B: Us too. Don’t be a stranger, OK ?

私たちもよ。連絡してね。

 

A: It was nice seeing you! Don’t be a stranger this time.

再会できて嬉しかったよ!今度は疎遠にならないでよ。

B: I won’t. I’ll call you when I’m in town next time!

大丈夫。次に来る時はまた連絡するね!

 

こんなふうに使ってみてくださいね。

 

Don’t be a stranger and come visit my blog sometime!

 

Shigeru 🙂

————————–

企業研修についてのご案内はこちら

松本茂 Official Facebookページはこちら

株式会社そうだね Official Facebookページはこちら

関連記事

  1. ビジネスパーソンとして学んでおきたい コミュニケーション力UPにつな…

  2. 背中も綺麗な美人2人と野獣? I’ll go on a …

  3. 松本茂のロジカルスピーキング講座の【講座概要】と【入門編の内容】とは?…

  4. 「企業がグローバル化するために必要な人材育成戦略〜英語力育成の観点から…

  5. 《医療関係会議の一般委員養成講座》でも「日本語ディベート」が必要とされ…

  6. 【使ってみたい英会話表現 16】最高の日になったよ!

  7. 高校生でもここまでディベートができるようになったのか!

  8. 豆大福のお土産に見る《コミュニケーション上手》の条件

松本 茂 (まつもと しげる)


 
 立教大学経営学部 国際経営学科教授

 
@wakatakeclub
@Matsumotoshigeru8
 
マサチューセッツ大学ディベートコーチ、神田外語大学助教授、東海大学教授などを経て、2006年より立教大学経営学部国際経営学科教授、同学科バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム(BBL)主査。2014年より立教大学グローバル教育センター長を兼務。
 
主な社会活動
 
NHKテレビ「おとなの基礎英語」講師を6シーズン担当、日本ディベート協会事務局長、一般社団法人全国高校英語ディベート連盟副理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟理事、公益財団法人ぐんま赤尾奨学財団理事、一般財団法人英語教育協議会評議員など。
 
このほか、文部科学省、中央教育審議会、東京都教育庁などの各種委員会の委員も務めている。

著書

  1. 本と珈琲
  2. 英会話 本
  3. 本 macbook
  4. 単行本
  5. 大人の基礎英語

松本 茂とつながる


最近の記事

PAGE TOP