【使ってみたい英会話表現 5】

Hello, everyone! 松本茂です。

松本茂

第5回目の「使ってみたい英会話表現」です。

今日は、今いる場所にきたきっかけを尋ねる表現をご紹介します。

What brought you here?

「なんでここに来たの?」

broughtはbringの過去形ですから,「あなたをここに連れてきたものは何ですか」というのがこの文の文字通りの意味です。「なぜここに来たの?」と理由を問う表現です。

この表現を使って、日本で出会った外国人に日本に来たきっかけを尋ねたり,パーティーやセミナーなどでほかの参加者に参加理由を尋ねたりすることができます。

Why did you come here?と尋ねることもできますが,ちょっとぶっきらぼうな感じがします。What brought you here?のほうがよりこなれた,英語らしい表現です。

外国で,あなたがWhat brought you here?と聞かれることもあるかもしれませんね。そんな時は,It’s my work.(仕事で来たんです)I have a friend here.(こちらに友達がいるんです)I want to learn the language.(言葉を学びたいんです)のように答えましょう。

お互いの答えから会話を膨らませて,より深いコミュニケーションができるといいですね!

それでは,また。

Keep up the good work, everyone!

See you soon!

Shigeru 🙂

 

最新のセミナー情報はこちらからご覧ください。

直近のセミナーはこちら

松本茂 Official Facebookページはこちら

株式会社そうだね Official Facebookページはこちら

関連記事

  1. 「NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語 Season 6」…

  2. 産学連携のCSVビジネスコンテストが開催され、小生のゼミ生たちも頑張り…

  3. 〈小学生も学んでいるロジカルライティング!〉

  4. 「企業がグローバル化するために必要な人材育成戦略〜英語力育成の視点から…

  5. 高校生の活動を活発化するための《ディベート活動》

  6. 茨城県は英語教育先進県。高校の英語の先生方は夏も《英語ディベート》を勉…

  7. 松本茂

    「NIKKEI STYLE 出世ナビ」で「松本茂の英語コミュニケーショ…

  8. ディベートの勧め(『宮崎日日新聞』「客論」)

松本 茂 (まつもと しげる)


 
 立教大学経営学部 国際経営学科教授

 
@wakatakeclub
@Matsumotoshigeru8
 
マサチューセッツ大学ディベートコーチ、神田外語大学助教授、東海大学教授などを経て、2006年より立教大学経営学部国際経営学科教授、同学科バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム(BBL)主査。2014年より立教大学グローバル教育センター長を兼務。
 
主な社会活動
 
NHKテレビ「おとなの基礎英語」講師を6シーズン担当、日本ディベート協会事務局長、一般社団法人全国高校英語ディベート連盟副理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟理事、公益財団法人ぐんま赤尾奨学財団理事、一般財団法人英語教育協議会評議員など。
 
このほか、文部科学省、中央教育審議会、東京都教育庁などの各種委員会の委員も務めている。

著書

  1. 本と珈琲
  2. 英会話 本
  3. 本 macbook
  4. 単行本
  5. 大人の基礎英語

松本 茂とつながる


最近の記事

PAGE TOP